代表挨拶

はじめまして、代表の杉浦一生です。

私が、障がい者の支援に携わるようになった経緯からお話しします。

私は、学生時代アマチュアレスリングをし、その後全日本プロレスという所でプロのレスラーをしていました。

怪我で引退したのち、紆余曲折を経てボディーガードの会社に属しました。

そこでの業務に精神疾患者の移送というものがあり、そこから障がい者の方や、家族の方と接して、いろいろな声や心の叫びを聞きました。

当人達からは「自立したいが、最初から一人暮らしは不安」や「実家にいることで甘えが出てしまう」また「もやもやの発散の仕方がわからない」などの全員がそうではないが、そういった前向きな声を多数聞いたので何か力になりたいと思い、この法人を色々な方の力を借り、設立しました。

まずは、自立までの援助ということで、グループホームを開設し、共同生活でのルールを通しての協調性や人間性等の成長、スポーツや芸術活動等の余暇活動を通して自主性等を育んでいきたいと思います。

また将来的には、就労移行支援や重度の方の為のケアホームなどの色々な声に対応できるような法人として、「一生懸命」にやっていきたいと思います。

平成25年3月11日

 

 

© 2012 一般社団法人ガーネッシュ All Rights Reserved.